モデブログ Ver3

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダー大戦

<<   作成日時 : 2014/03/30 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

観てきました!!昭和ライダーvs平成ライダー!


内容には触れない程度の感想というか。

まずディケイドで描いたライダー大戦とは別のライダー大戦が描かれていて。ファンの間で討論されたどちらが強いか?みたいな闘いが展開。

うわぁ〜ホントに戦ってるよ!!みたいな。
ガンバライジングの延長というかなんというか。
とにかく今回は全編バトルシーンが多め。
なので子供を飽きさせないようにしてます。
また物語を動かしているのは鎧武やディケイドだけど一番熱く描かれていたのはファイズとX。上手く描かれていた。
あとコネタや鈴村健一や神谷浩史があったりで。
でやっぱり関智一はすげえなって。



さてここからはこの映画を見たモデ個人の感動(心が動いた意味)

映画本編でも子供にとってのライダーの位置。そしてライダーを見て育った大人に向けてのメッセージ。(神敬介の言葉とか)があったように感じます。

犯人に語った神敬介のセリフはモデの心にグサリときました。先週の鎧武のDJサガラのセリフもグサリときましたし。
なんか自分に言われてるみたいで。
ライダーというヒーローから何を教わっていたのか?大人ファンとして恥ずかしいな。
宮内洋氏が「ヒーロー番組は教育番組」という言葉を思い出しました。
それを見て育ったはずなのに。くみ取りすぎかもしれない。
けど大人としての在り方ももう一度見直さなきゃと考えてしまいました。
毎年作品は作られています。がノスタルジックではなく何か気持ちにチクチクくる映画でした。本郷猛の言葉もね。
子供のころ憧れていたヒーローたちから
「君は今どうなの?」
と聞かれた気分。


そんな気持ちにすごくなりました。

でもまあなんだかんだ楽しめたし、鳴滝の最後のセリフが今の自分の気持ちを代弁してくれました。

ライダーとはなんなのか?ではなく「ライダーと自分」って考えさせてくれた映画でした。

深く考えすぎかもしれないけど、でもフィフティーンのような選択ではなく鎧武の選択を貫く。
それがライダー=人間なんじゃないかな?

ライダー道、まだまだ進んでいかないと。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮面ライダー大戦 モデブログ Ver3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる